忍者ブログ
零 from the muses のドラマーLIMEが サブカルチャーを通じて、自らの脳内をさらけ出す
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『未知への飛行』
1964年 アメリカ
1982年 日本公開
監督:シドニー・ルメット

舞台は第二次世界対戦の後。
機械の故障で、水爆を積んだアメリカの爆撃機に誤った命令が下されてしまい、彼らはモスクワへ核攻撃を行いに向かうことになる。
アメリカ大統領はソ連にホットラインで連絡をとり、故意ではないことを伝え、アメリカ機の撃墜の要請を出すが、中々信じては貰えない。
モスクワに水爆が落ちれば、報復が始まり核戦争が起こることは必至である。
アメリカ大統領がソ連に信じて貰う為にとった決断は、あまりにも悲しいものだった。

監督は、残念ながら今年の4月に他界された『十二人の怒れる男』で知られる名匠ルメット。
あらすじだけ見るとドンパチ映画のように見えるが、実際には戦闘シーンは皆無に等しく、十二人の~同様にディベート映画であり、殆どのシーンが室内で撮られている。
ディベートのユーモアさ、かっこよさは流石といった感じだが、その中に光る痛烈で、正に
痛みを伴う核への警告は、見終わった後にズッシリと、これでもかと言うほどに胸に刻みこまれる。
映画としての面白さの中で、核兵器を持つ者への警告というメッセージを見せるのは、数多い外国の映画監督にも影響を与えた初代ゴジラと同じだったりします。
核兵器の怖さは日本人が一番良く知っているとは言うけれど、自分達の世代は戦争すら知らない訳で、核兵器の怖さはやはり映画なんかでしか知らない訳です。
伝えて行くべき日本人としては映画を通してでも知っておきたい問題ですよね。

原発が問題となっている今、核の問題は尚更重たいテーマではあるとは思いますが、手に汗握る、エンターテイメントとして本当に面白い作品でもあるので、是非観て欲しいと思います。
というか、観ないと損しますよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/10 狸山タヌ子]
最新TB
プロフィール
HN:
LIME@零 from the muses
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]