忍者ブログ
零 from the muses のドラマーLIMEが サブカルチャーを通じて、自らの脳内をさらけ出す
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『太陽がいっぱい』
1960年 フランス、イタリア
1960年 日本公開
監督:ルネ・クレマン

アラン・ドロンの出世作であり、サスペンスの名作というと、このタイトルを挙げる人も多いでしょう。
昔の映画は観ないという人でも、同じ原作を映画化した、マット・デイモン主演の『リプリー』は知っているかもしれないすね。

お金持ちの友人フィリップとその彼女、そして貧乏な主人公トム。トムはある計画を思い付く。それはフィリップが持っていて、自分が持っていないものを全て手に入れられる、そんな完全犯罪となるはずであったが・・・

サスペンスでありながら、フランス、イタリア特有のほのぼのした明るい雰囲気が付きまとう。しかしそれが不気味さを引き立てているようにも見える。
其々のキャラクターが個性的で分かりやすく、漫画を読んでいるような観やすさもある。
サスペンスでありながら、ドキドキ感よりワクワク感が高い不思議な感覚も魅力的。
そして映像の美しさも忘れてはいけない。
今も尚、多くのファンを持つ本作。
50年前の作品であってもセンスがあれば色褪せないものですね。

なんだか普通の作品紹介になってしまったが、まぁ深く考えさせられるような作品でもないし良いでしょう。
純粋に楽しんだ者勝ち。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
何度見ても
ドキドキしますね。最後のところがちょっと不気味でいいです。 気軽に見れて、でも印象に残る映画ですね。
狸山タヌ子 2011/06/10(Fri)13:08:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/10 狸山タヌ子]
最新TB
プロフィール
HN:
LIME@零 from the muses
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]