忍者ブログ
零 from the muses のドラマーLIMEが サブカルチャーを通じて、自らの脳内をさらけ出す
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ザ・ライト -エクソシストの真実-』
2011年 アメリカ
2011年 日本公開
監督:ミカエル・ハフストローム

神や悪魔を信じない青年マイケルだったが、エクソシストであるルーカス神父を手伝うことになる。そこで目にしたものは・・・

神父役を務めるのはあのハンニバル・レクターであるアンソニー・ホプキンス
申し分ない適役ではないでしょうか。
彼がいるだけで、映画の存在感がぐっと増すというか、
ある種チープになりがちなテーマの映画が重厚に感じられますね。
それもあってか、近年のエクソシストものとしてはかなり「良い出来」といえるのでは?

見せ方としては、全くホラー映画ではなく、’73の『エクソシスト』に近く、
サスペンスとヒューマンドラマの中間的な感じ。
胡散臭さを感じさせない真面目な作品とみて取れました。
(まあ『エクソシスト』はホラー映画に区分されることが多いですが、あれはヒューマンだろって思ってます)
『エクソシスト』に比べれば、見劣りする面はありますし、凄く面白いかと言われればそこまでではないですが、大きい不満もないし、十分に楽しめる作品ですね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/10 狸山タヌ子]
最新TB
プロフィール
HN:
LIME@零 from the muses
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]