忍者ブログ
零 from the muses のドラマーLIMEが サブカルチャーを通じて、自らの脳内をさらけ出す
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『エンジェル ウォーズ』
2011年 アメリカ
2011年 日本公開
監督:ザック・スナイダー

ロボトミー手術を受けることとなったベイビードールは、なんとか自己の崩壊を免れるために、同じ病棟の仲間と脱出を試みる。

脱出劇を彼女らの妄想とリンクさせ、さながらSFのように見せている。
ロボトミーが題材なだけに、中々深い要素があります。
「300」のザック・スナイダー監督の作品だけあって、映像センスは流石です。
ただ、アクションは期待していたよりだいぶ少なく、前半から後半に進むにつれどんどん地味になっていく印象を受けました。
一番最初のバトルシーンがカッコよかっただけに、もう少し後半も見せて貰いたかった。
ただストーリーの基盤が意外にもしっかりしているので、そっちに頭をシフトチェンジしてみることが出来れば、そこそこに楽しめる作品だと思います。
アクション目当てで観ると、面白さを感じる前に終わってた・・・ってことになると思うので、最初からそちらはあまり期待しないほうがいいかもしれないですね。
ただまぁ、ロボトミーに関しては以前ここでも書いた「カッコーの巣の上で」が映画史に残る名作であるため、そっちを見ればいいと言われればそれまでですので、今作はあくまでアクションも好きな人向けではあると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/10 狸山タヌ子]
最新TB
プロフィール
HN:
LIME@零 from the muses
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]